金城武.NET 討論區


 
標題: 2009年2月5日<赤壁(下):決戰天下>東京完成試写会
阿管
超級版主
Rank: 8Rank: 8


UID 16
精華 0
積分 18936
帖子 15104
閱讀權限 150
註冊 2006-10-7
狀態 離線
發表於 2009-2-8 13:45  資料 文集 短消息 


http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200902/06/index.html

[ 本帖最後由 阿管 於 2009-2-8 14:42 編輯 ]
頂部
阿管
超級版主
Rank: 8Rank: 8


UID 16
精華 0
積分 18936
帖子 15104
閱讀權限 150
註冊 2006-10-7
狀態 離線
發表於 2009-2-9 22:46  資料 文集 短消息 
興収50億円突破必至!『レッドクリフ PartII』の魅力を探る!
2009年2月9日
         

完成イベントで舞台挨拶をしたジョン・ウー監督(右)と金城武

ジョン・ウー監督作『レッドクリフ PartII』が4/10(金)に公開される。興行収入50億円を突破した『レッドクリフ PartI』(08)に続き、こちらも前作の数字を超えるメガヒットとなりそうな話題作だ。

100億円というケタ外れの製作費、トニー・レオンや金城武はもちろん、日本からも中村獅童が参加するなど、アジア各国のスターの競演という話題性、「三國無双」シリーズなどのゲームやコミック・ファンの若者も含めた客層の広さ、配給会社・エイベックス・エンタテインメントによる斬新な宣伝展開と、すべてが功を奏し大ヒットを記録した『PartI』。

先日開催された続編『レッドクリフ PartII』の完成イベントも大盛況だったが、そこで来日したジョン・ウー監督や金城武のコメントから、改めて本作の魅力を再確認した。

まずはジョン・ウー監督の喜びのコメントからご紹介。「本作は、友情や勇気、愛がテーマですが、社会が不況のなか、それらは本当に大事にしなければいけない要素だと思います」 確かに世知辛い昨今、『レッドクリフ』の登場人物たちが、友情や忠誠心のもと果敢に戦う勇姿が、不況に揺れる人々に響いたのは間違いない。

さらに、ジョン・ウー監督が、黒澤明監督の時代劇『七人の侍』(54)などを、映画作りのお手本にしている点も興味深い。「戦いのシーンを演出する際も、『七人の侍』の編集やカメラワークを参考にしました。また、戦いのなかでも人間ドラマがしっかりと描かれている点が素晴らしい。私は現代劇の銃撃シーンを撮るときも、繰り返し黒澤監督の作品を見て、その都度新しいものを吸収してます」 なるほど『レッドクリフ』には、時代を経ても色褪せない黒澤明監督作の醍醐味が盛り込まれているわけだ。

また、天才軍師・諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)を軽やかに好演した金城武もこう分析する。「今まで孔明さんの戦いの陣の組み方をちゃんと映像で撮った人はいなかった。特に今回は、孔明さんが矢を借りてくるというシーンが好きですね。(矢を飛ばすシーンは)もちろんCGもあるんですが、目の前と目の後ろでちゃんと矢が飛んでました。本当はすごく怖かったのですが、孔明さんは怖くない表情を作らないといけないので大変でした(笑)」 確かに、孔明による巧みな戦術を豪快に映像化した本作は、細部に至るまで表現に妥協がない。

時代にマッチしたテーマ、黒澤作品を意識した作風、そして巨費を投じたスペクタクル映像と、本作のヒットの要因を挙げればきりがない。さらに『PartII』では、タイトルにもなっている歴史的な大戦である赤壁の戦い=“レッドクリフ”が展開される。いわば『PartI』はその序章にすぎず、『PartII』にこそジョン・ウーが描きたかった「三国志」の戦いの核が描かれるのだ。いろんな要素を総合しても、2作合わせて興収100億超えは固い! 【MovieWalker/山崎伸子】

http://news.walkerplus.com/2009/0209/17/
頂部
阿管
超級版主
Rank: 8Rank: 8


UID 16
精華 0
積分 18936
帖子 15104
閱讀權限 150
註冊 2006-10-7
狀態 離線
發表於 2009-2-9 23:03  資料 文集 短消息 






頂部
阿管
超級版主
Rank: 8Rank: 8


UID 16
精華 0
積分 18936
帖子 15104
閱讀權限 150
註冊 2006-10-7
狀態 離線
發表於 2009-3-3 13:43  資料 文集 短消息 
ASICRO FOCUS file no.119

  
2009.2.5 TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)

 公開されるやいなや、アジア各地で大ヒット記録を更新している『レッドクリフ Part II』。日本でもやっと字幕や吹替などの作業が終了し、通常より大規模な完成披露試写会が「完成披露フェスティバル」と題して開催されました。場所は六本木ヒルズ。周ピー、孔ピーの着ぐるみに出迎えられ、映画で使用された衣装なども展示されていましたが、圧巻は全スクリーンを貸し切ってのプレミア上映。舞台挨拶として、今回もジョン・ウー監督をはじめ、金城武、リン・チーリン、そして『Part I』に引き続き主題歌を歌うalanが駆けつけました。



監督「温かい応援と支持に感謝します。今、中国は旧正月ですので、皆様の御健勝と御健康をお祈りします」
金城「『レッドクリフ・パート2』をやっと皆さんにお見せする日が来ました。どうか、楽しんでください」
リン「皆様、コンバンハ。チーリントモウシマス。皆サマニアエテ、トテモウレシイデス」
alan「今回は映画『レッドクリフ・パート2』の主題歌を歌いました。ほんとうに光栄です」  

  
 司会「日本ではパート1が50億円を超える大ヒットとなりました」


alan、金城武、ジョン・ウー監督、リン・チーリン

 監督「感激と感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんのサポートのおかげと思っております。この映画は友情や勇気、愛をテーマにしていますが、不況に陥っている今こそ、大事にしなくてはならない要素だと思います。途中でいろいろな試練にぶつかりましたが、それらを全部乗り越えたからこそ、今日の成功につながったのでしょう。


大スクリーン前での舞台挨拶

 私は子供の頃から日本映画の大ファンで、そこからいろんなものを吸収し、啓発を受けました。それらも『レッドクリフ』に反映されています。日本映画から多くの影響を受けて、映画作りに励んできました。この映画を作ったことで、アジアでもハリウッドに負けないくらいスケール感のある映画を作れることをが証明できたと思います。今後もアジアで一生懸命映画を作り、アジアの精神を世界に広めていきたいです。パート2には見せ場がたくさんありますので、ぜひ楽しんでください」


  
 金城「率直にすごくうれしいですね。個人的な喜びというよりも、監督のために喜んでる部分が多いかな。僕が参加しているのはたかが1つの役で、これだけ役者がいる中で、多分一番苦労しなかった方だと思うので(笑)。これだけいろんな国の役者やスタッフが集まって、世界的に有名な『三国志』を、ジョン・ウー監督が映像化して、これだけ多くの方が観てくれて、好きになってくれて、ほんとうにうれしいです」

 チーリン「(日本語)日本のファンの皆様に感謝の気持ちで一杯です。ほんとうに、ありがとうございます。(中国語)『三国志』は日本でもとても有名で、皆さんに好んで読んでいただいている作品です。日本でこんなにたくさんの方に『レッドクリフ』を見て頂けたのは、ほんとうに栄誉なことで、私も監督のためにうれしく思っています」

 alan「たくさんの方が映画を見てくださり、エンディングでalanの歌も聞いてくださって、とてもうれしいです。でも、パート2はもっとスケールが大きい。もっと壮大、もっと面白くて、もっと感動の部分もたくさんあります。パート2もぜひ楽しんでください。そして、alanの歌も聞いてください」

 司会「パート2ではたくさんのアクションシーンがあるそうですね。日本映画の影響とおっしゃっていますが、具体的にどんな映画の影響を受けたのでしょう?また、アクションシーンの見所は?」


監督の采配で兵士たちが弾を客席に発砲
  
 監督「たくさんの日本映画の巨匠から感銘を受けています。例えば、黒澤明監督も尊敬する監督の一人ですが、『七人の侍』を観てたくさんのヒントを得ました。『レッドクリフ』の戦いのシーンを演出する時には、『七人の侍』のエンディングのところを観て参考にしてくれとスタッフの皆に言いました。編集やカメラワークもそうですが、緊迫した戦いの中にあっても人間性がしっかり描かれているところは、とても勉強になりました。例えば、孫尚香と一兵卒との絆は『七人の侍』からヒントを得ました。このようにして、ハリウッドで映画を撮る時にも、現代劇や銃撃シーンを撮る時にも、くりかえし黒澤明監督の作品を観ています。そのたびに、新しいものを吸収できています。市川昆監督の作品も大好きです」


発射されたのは孔明の必勝御守でした
  
 司会「パート2の見所と思い入れのあるシーンを教えてください」

 金城「孔明さんの持ってる知恵と、陣の敷き方が映像化されているところですね。いろんな戦いの陣の組み方は文字では記されていますけど、映像でちゃんと撮った人はいなかったと思うので。孔明にしても、どうやって矢を借りてきたかとか、どういう風に周瑜と組んで、味方も騙して、敵陣も騙して戦略していったかというところ。

 一番思い入れがあったのは、矢を借りて来るシーンです。曹操の軍に霧が出る時期を計算して、ニセモノのお人形をいっぱい作って、攻めに来たよって騙して矢を打ってもらうんですけど、そのシーンが一番面白かったですね。今までちゃんと見たことはなかったし、実際撮ってる時もほんとに、もちろんCGもあるんですけど、眼の前と眼の後ろでちゃんとした矢が飛んでるんですよ。ほんとは怖いんですけど、孔明さんは怖くない表情をしなきゃならないので。(司会「すごく冷静ですよね?」)冷静で、僕の相手役(魯粛役のホウ・ヨン)の方は怖い表情をしているので、一人だけでずっと、ちゃんとしてる表情をするのがちょっと辛かったです(笑)でも、愉快でしたね。孔明の繊細さとユーモアの部分が出ていると思いました」

 司会「ヒロインをやるにあたって、なにか役作りはしましたか?」


 チーリン「(日本語)小喬は柔らかく、力強く、水のような女性です。(中国語)監督と役作りについて話し合いました。監督はあまり細かいことは言わず、導いてくださいました。唯一おっしゃったのは、とにかくリアルに自然な小喬であって欲しいということ。なので、私は心でもって、実際の小喬の心に近づくように演じたつもりです。その思いは観客の皆様にもきっとわかっていただけると思います」



『Part II』をよろしく!
  
 司会「パート1とパート2では、歌に込めた思いは?」

 alan「パート1は愛と強さと勇気の信念を伝えましたが、パート2でも同じものを伝えています。歌う時はそのイメージを思い、心を込めて大切に歌いました」

 司会「最後にメッセージをお願いします」

 監督「『レッドクリフ』を応援してくださっている全国の皆さん、ほんとうにありがとうございます。心から感謝します。この映画を観てぜひ元気になって、楽しい人生を送っていただきたいと思います」(拍手)

 『レッドクリフ Part II』は4月10日(金)より、日劇1・日劇3ほか全国で超拡大ロードショー予定です。

http://www.asiancrossing.jp/focus/2009/0211/index.html
頂部
阿管
超級版主
Rank: 8Rank: 8


UID 16
精華 0
積分 18936
帖子 15104
閱讀權限 150
註冊 2006-10-7
狀態 離線
發表於 2009-3-3 13:56  資料 文集 短消息 


頂部
阿管
超級版主
Rank: 8Rank: 8


UID 16
精華 0
積分 18936
帖子 15104
閱讀權限 150
註冊 2006-10-7
狀態 離線
發表於 2009-3-3 13:57  資料 文集 短消息 


頂部
littlepika
註冊會員
Rank: 2



UID 1652
精華 0
積分 174
帖子 70
閱讀權限 20
註冊 2009-2-9
來自 Hong Kong
狀態 離線
發表於 2009-3-4 00:44  資料 短消息 
Geeezzz, 勁靚仔!!!




I can forgive almost anything except bad taste.
頂部
 


當前時區 GMT+8, 現在時間是 2020-10-24 08:53

    本论坛支付平台由支付宝提供
携手打造安全诚信的交易社区 Powered by Discuz! 5.0.0  © 2001-2006 Comsenz Inc.
Processed in 0.025588 second(s), 6 queries

清除 Cookies - 聯繫我們 - 金城武.NET - Archiver - WAP